パグのいる風景-ヴーヴ日和-

veuvu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 19日

デューク

図書館で懐かしい本を見つけました。
e0122693_16433962.jpg

江國香織さん著書で山本容子さんの挿絵を織り交ぜた本で、
老衰で亡くなった愛犬が一日だけ人間の姿になって飼い主の少女の元へ戻ってくるというお話。
悲しいというよりピュアでファンタジックな物語です。
以前はヴーヴを飼うずっと前に読んでほんわか暖かい気持ちになったので
ヴーヴがいる今、感想に変化はあるのだろうかと思って読んでみることに。

最後に「ボクはずっと幸せだったよ。ずっとね。これだけ言いにきたんだ。」
と言って少女にキスをして駆け出していくシーンで変わらずの感動を受け

そしてある疑問が浮かびました。
このデュークは体は大きく洋犬でなおかつ狩猟犬(犬種忘れた〜)で
鼻が高くて笑った顔がジェームス・ディーンに似てるという。
もちろん人間になった姿も男前。

ではヴーヴは・・・?
e0122693_1644428.jpg
ヴーヴが人間になった姿を思い浮かべてみる・・・・・う〜ん・・・(汗)
そこにピザのCMが流れて『あ、こんな感じかな!』と思ったのがコレ。
コレ↓↓↓
e0122693_16445020.jpg


こんな事を思い浮かべてたら感動もあったもんじゃない=3
e0122693_16452423.jpg


ヴーヴの顔を心底可愛いと思えるんだもの
ヴーヴの人間版も可愛いと思えるハズ!きっと・・・。

愛嬌は
負けへんで!
☆CLICK☆

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ありがとうございます。
[PR]

by veuve-hirari | 2007-09-19 16:49 | 日常


<< ドッグランデビュー      お目覚めですか? >>